アルバムにコーデされたパパとアバンチュール顧客のビジュアルファンブックを発見してしまってとりあえずスキャンしたケース

好きな人との想い出をアルバムにとっておいて後で見つめたい元気もよくわかります。私もそうだからだ。手出し目当てを獲物とみなして細々とそのニュースを覚え書きに記したり、口説いた手続きを書き込んだりしたくなる心理も理解します。火曜日にあったサスペンスドラマでよくあったからだ。でも、自分の父親がそんなことをしていたというのはできれば信じたくなかったと言うか、見つけた途端に脳裏が白一色になりました。ちなみに父親はまだ元気で、手出し目当てとはとうの昔に終わっていると信じ込んでいる女性と一緒に暮らしている。もっとも、訪問ですなんだと言って1箇月の3分の1は家に帰っていないらしいです。いつもは自分のルームは自分で掃除をする父親なのですが、あの太陽はたまたま面倒くさかったんでしょう。家に帰ってきてぼんやりやる自分にオーバーホールを命じてビリヤードに行ってしまいました。拒む論拠もなかったので、父親のルームにクリーナーをかけていると、父親の老眼では見えないらしき範囲の埃が気になって仕方がなくなってしまったんです。どうせ始めるならびっくりするくらい綺麗にしてやろうとも思いました。それで、クリーナーをゼロ回しまって、雑巾がけをしていたんですが、隅々までやるうちに重ねてある公式を崩してしまったんです。ここから事後はイメージが付くかと思うのですが、それの純正んの間陣へんに挟んであったのが父親の覚え書き兼アルバムでした。どうやって現像したんだろうというような写真から、スリー寸法、出会った事柄、初めてお泊りをした太陽まで詳細に書いてありました。思わず読みふけったのは言うまでもないですが、持ち越し何かの内に女性が離婚したくなったときのために全ホームページをスキャンしてPDFファイルにしておきました。しっかりCD-Rに焼いたそれは、私の自宅で預金通帳と一緒にしまってあります。
スリムイブで痩せる事に成功しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です